調布のお土産・名産とアルバイトについて

調布のお土産・名産とアルバイトについて

調布市のお土産・名産は、「深大寺だるまかりんと」です。日本三大だるま市として有名な深大寺のだるまをモチーフにしたお菓子です。市内で生産された牛乳やかぼちゃを使用しています。発売元は株式会社MNHでこれまでも山形県庄内町や八王子の高尾山で地域の食材を生かしたお土産などを開発しており、地域の活性化に向けた取り組みをしている会社です。

深大寺の門前には、水木ワールドがあり、緑に囲まれた築40年の木造建築「鬼太郎茶屋」があり懐かしく感じます。あたりにはみずみずしい木々に囲まれた情緒あふれる遊歩道があります。

深大寺は、「深大寺そば」も有名です。一説によると、徳川第三代将軍、家光が鷹狩りの時、深大寺にたちよってそばを食べたと言われています。深大寺境内にある深大寺そば一休庵では国内の生産者から仕入れた玄そばが、一枚のそばになるまでの工程を見ることができます。石うすで挽いたそば粉で店内四か所の手打ち場でそばを打っています。アルバイトも募集しています。